2007年03月20日

胃がんの症状

胃がんを発生と同時に症状を訴える人はいません。


大きくなってくると上腹部の痛みや吐き気、漠然とした不快感などを感じるようになります。


これにくわえて胃の入り口の辺りに癌ができた場合はつかえ感、胸焼けなどの症状が現れます。


 このような症状があってほおって置くと症状は徐々に悪化していきます。


 そしてさらには食欲が低下して食事をすることが嫌になってくるでしょう。


ひどくなると胃の壁の組織が破壊されて出血し、貧血や脱水がおこるようになり、めまいやふらつくようになったりという症状が現れるでしょう。


さらに胃の壁に穴があくと強い酸性の胃液がいの外へ流失して腹膜炎などの症状を引き起こしてしまいます。


胃がんは成長すると腹膜転移、血行性転移、リンパ節への転移を始めます。


これにより激しい嘔吐や腹痛、血行の転移などが起こるようになってしまうでしょう。
posted by 胃がん at 20:20| Comment(1) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント

オレのうぶな息子が売れたぞ!
自信と引き換えに働く気力はなくしたけどな(笑)
http://aiyorikane.net/pre/2gvfqzi/
Posted by なみ平 at 2010年11月05日 17:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3565107

この記事へのトラックバック